キャバクラノウハウ

キャバクラの面接突破ノウハウ

更新日:


 

キャバクラの面接で合格するノウハウ

Lesson

キャバクラや、クラブでいざ働こうと思ったとき、

働きたいお店を探してすぐに採用され働くことはできません。

ほとんどのお店が、まず面接をして面接に合格してから体験入店をし、その後本入店となります。

(中には即日体入OKのところもあります。)

高級店で時給が高いほど簡単に合格は出来ず、面接の合格基準は高くなっていきます。

お店のコンセプトに合っているか?どのくらい出勤できるのか?など

面接担当のスタッフはあなたを見ています。

 

「どうしても働きたいお店があるのに、面接で落ちてしまう…。」

こちらでは面接で合格するためのノウハウをご紹介致します。

 

①面接は面接する前から始まっています

 

まず、お店のホームページや体験入店専門のホームページから、連絡をし面接日を決めます。

(電話、メール、LINEどれから連絡しても構いません。)

 

ここで重要なポイントは、礼儀正しくすることです。

当たり前かもしれませんが、水商売に限らず、昼間のアルバイトや正社員の募集に応募し連絡をするとき、

「今日から働けますか?」「時給はいくらですか?」と突然聞かないですよね?

しかし、稀に水商売に限っては面接もしていないのに突然このような質問をする方がいらっしゃいます。

面接もしていないのに、今日から働けるか決めることは出来ません。

なぜならキャバクラのイメージカラーに合わず不採用になるケースも多々あるからです。

 

面接は面接する前から始まっています。相手が不快に思わないように気を付けましょう。

面接当日お店についたら、しっかりしたお店ならその場にいるスタッフ全員があなたに挨拶をします。

全員に聞こえるくらいの大きい声で返す必要はありませんが、

明るい方がイメージは良いのでしっかりと挨拶は返しましょう。

 

②清潔感が大事、自信を持とう

 

面接当日の服装、ヘアスタイルについてです。

面接へ行くときは、当日このまま出勤しても大丈夫なくらいの綺麗なメイク、服装が望ましいです。

メイクは店内が薄暗いため、少し派手くらいがちょうど良いです。

OLの方など、仕事帰りにスーツのまま面接へ行かれる方は仕方ないですが、

それ以外の方は、あまりカジュアルすぎないキレイ目な格好、そしてヒールの靴を履くのが良いです。

面接対応のスタッフがドレスを着たときにイメージしやすくなるためです。

スニーカーやペタンコの靴は、普段なら歩きやすくて良いのですが、

面接日には、よほどスタイルが良く足が長い方でない限り避けた方が無難です。

 

ヘアスタイルについては、当日体入を希望している方は自分でヘアアイロンで巻いたりアレンジした方が良いのですが、

自分では難しい場合は、美容室などで事前にヘアアレンジしてから面接へ行った方が良いです。

お店のコンセプトにもよるのですが、ドレスを着用する店舗ならハーフアップが無難です。

当日面接のみ希望している方は、巻き下ろしでも構いません。

前髪についてですが、最近はパッツンのシースルー前髪などが流行っていて可愛いのですが、キャバクラでは分けた方が良いです。

はっきり言いますと男性はパッツン前髪が嫌いです。面接担当のスタッフも男性であるケースが多いです。

キャバクラでは男性に好かれる髪型、メイクをした方がやはり良いです。

前髪が目にかかっていたり、それだけで暗い印象になってしまい不採用になることもあるので気を付けましょう

 

③タメ口はNG!キレイな言葉を使おう

 

最後に面接中の会話についてです。

当たり前のことですが、面接対応のスタッフの方には敬語を使って話しましょう。

馴れ馴れしくタメ口を使うとイメージがとても悪いです。

はじめに面接用紙を記入し、お店のシステムの説明をされ質問されます。

よくある質問は、「働く動機は何か、現在仕事をしているか、水商売の経験はあるか、どのくらい働いてたか、ブランクはあるか、週何日出勤出来るのか、希望時給、どのくらい稼ぎたいか、他のお店で体入は検討しているか」などです。

水商売の経験が無く、初めての方は初めてと正直に答えた方が良いです。

経験がある方は、どこどこで働いていたかなど、詳細はあまり正直に答えなくても大丈夫です。

彼氏の有無も聞かれることがありますが、のちのちお客様に知られたくない方がほとんどだと思いますので、

彼氏がいても正直に答える必要はありません。(どこで情報が漏れるか分からないからです。)

 

スタッフとの会話中で気を付けないといけないことは「体験入店だけしたい」と伝えてはいけないということです。

お店側からすると、よほどスタイルが良く綺麗な方でない限り、そういう方は不採用となりやすいです。

わざわざ本入店しない子に、体入のお給料だけ渡したくないと思うからです。

よくある質問でご紹介しましたが、「他のお店で体入は検討しているか」と質問されることもあります。

その場合は、実際には色々なお店で体入を考えている場合でも、正直に答えない方が良いです。

「自分のお店しか考えていない。」と答える方と、「他も考えている。」と答える方とでは、どちらが採用したくなりますか?

答えは前者です。後者の場合、他にも検討しているならわざわざ採用しなくても良いと考えてしまいますので気を付けましょう。

 

面接で気をつけることは以上となります。

 

面接当日の持ち物

 

キャバクラの面接時には写真付きの身分証明書を必ず持参しましょう。

パスポートをお持ちの方はパスポートが良いでしょう。それ以外の場合は運転免許証が良いです。

当日体験入店を希望している方は、ドレス、ヒールの靴、クラッチバック、ライター、ハンカチも一緒に持参します。

仕事道具についてはこちらを参照ください。

貸し出ししている店舗が多いですが、靴のサイズなど合わないこともあるので事前にスタッフに確認をしておいください。




エステ体験「美脚時代コース」エルセーヌ モデル達の脚を作ったコースです。

面接の合否について

スタッフがその場で「いつ出勤できる?」と聞いてきた場合は合格ということになります。

その他に、「合否は後日ご連絡しますor明日の◯時までにご連絡します」と言われることが多いですが、

早くて当日連絡が来ますが、次の日の夕方以降になっても連絡がない場合は残念ながら不合格ということになりますので、気を取り直して次のお店を決めましょう。

不合格の場合は連絡が来ないので、連絡がないからといってこちらから合否について連絡するのは避けましょう。

その他に面接担当のスタッフ(店長か責任者)が名刺を渡してきた場合は合格の可能性が高いと言えます。なぜなら落とす子にわざわざ名刺を渡す必要がないからです。

 

また、キャバクラやクラブにおいては、どんなに綺麗で若くても歯並びが悪すぎると不採用になってしまうことがあります。

だからといって表側に歯列矯正の器具がついたままでは接客業としてNGです。

歯列矯正を考えていて、水商売も後々したいと考えている方は、裏側矯正(舌側矯正とも言います。表から器具が見えにくいです。)をするか、マウスピース矯正をするのがオススメです。

 

最後に

面接で自信なさそうにしていると、面接対応の方も「この子大丈夫かな?」と感じてしまいます。

笑顔を忘れずに、自信を持って挑んでください。

 



 









-キャバクラノウハウ

Copyright© キャバ嬢の指名の取り方 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。