キャバクラノウハウ

キャバ嬢の営業の仕方

投稿日:


「キャバ嬢の営業の仕方」

 

キャバ嬢の営業の仕方ってどのような方法があると思いますか?
キャバクラってのは営業時間が大隊は20時~1時がほとんどだろう。
コンセプト系や安めのキャバクラだと19時からOPENもしくはもう少し早い時間にOPENするお店もあるだろう。(東京中心)
その短い時間で稼ぐにはお客様に指名(本指名)で来ていただかないといけない。
ではキャバ嬢はどうやって指名をとるのか?
それを詳しく解説していこう。

①営業前の連絡で当日の来店予定がわかる。
②最初は連絡するお客様を選ぶよりも連絡する件数が大切。
③大切なのは指名で来店していただくこと。
④お店名・源氏名・出勤日を伝えること。

①の「営業前の連絡で当日の来店予定がわかる」は、お店に出勤してお客様に営業連絡をしたりするキャストがいますがお客様は当日飲みに行く予定は大体決まっています。夜20時になって「何してる?」「飲みにきてよ」とか送っても遅いだけです。今まで私が店長として見てきた売れていたキャストは営業前には連絡を全て終わってます。そして同伴の予定が決まり、来店予定も決まる。理想は先の予定を埋めていく作業です。キャバ嬢の営業連絡は先の予定を決めていく作業とも言えます。それをギリギリに行っていてはどんなに可愛いキャストも難しいでしょう。なのでキャバクラを始めて間もない女の子やどうやったらいいのか?など考えている人はまずは営業前にお客様に連絡をしてください。それが最初のステップです。

②の「最初は連絡するお客様を選ぶよりも連絡する件数が大切」は、その名の通りとりあえず営業メールorLINEを送ってみる事です。キャバクラで担当していたキャストさんがよくあったのが「連絡していて既読スルーだったけどまさか来るとは思わなかった!」と言っていたこと。これは本当にどこのキャバ嬢もある。営業メールorLINEにお客様を選ぶな!まずは一括コピペでも送る事。それから連絡の内容や改善に取り組めばいいです。まずは知ってる全てのお客様に送る事です。

③の「大切なのは指名で来店していただくこと」は、よくキャストさんより「連絡が帰ってきました~」と報告を受けるのですが・・・状況を確認するとメル友みたいになっている場合があります。これでは時間の無駄とストレスも溜まります。ではどうすればいいのか?理想は連絡はいれるが詳しい話はお店で・・・がベスト。そんな簡単行くことではないですがLINEでずっとやり取りしても意味がないのはわかりますよね?なのでやり取りする件数は少な目にそしてお店に来店してもらう。そんな感じです。LINEの返信をみればこのお客様は来るのか?来ないのか?わかると思います。やり取りは少な目に。理由は指名で来店してもらうですから。

④の「お店名・源氏名・出勤日を伝えること」は、これをしないと全てがパーになる。それを覚えておいてください。よくあるパターンがお店にご来店して指名の名前がわからないです。これよくあります。源氏名を伝えていないんですよ。だからお客様もLINEのトップ画像を見せるなどやり取りがめんどくさい。流れてフリーで入るケースもあります。せっかく連絡してご来店いただいたのに損ですよね。必ず源氏名を伝えるようにしていきましょう。次は出勤日を伝えて営業メールを送らないとせっかく来たのに休みだったらお客様は違う女の子を指名するかもしれない・・・最悪ですよね。気をつけてください。次にお店名これは系列店があるキャバクラに多い事ですがちゃんとお店を伝えておかないと外のキャッチに連れていかれますのでご注意を。

以上が簡単にまとめましたがキャバ嬢の営業の仕方です。
他にもこのブログではキャバクラでの経験をもとに書いているので働いている人には参考になると思います。
私もサボらずに継続して今のキャバクラの情報を配信したいと思います。
キャバクラで簡単に売れる人も頑張って売れる人もラッキーで売れる人もいます。
しかしそれはお客様によるきっかけであって最終的には頑張って売れる人が長く続きます。
頑張るといってもただ頑張るではダメですが・・・目的を明確にするとわかりやすいですよね。
このブログに書いてる情報を知って仕事をすれば東京であれば普通に売れますよ。
基本的な事しか書いてないけどほぼ間違いないと実感してますので(笑)
それぐらい自信があります。10年してますから(笑)
是非参考にしてください。









-キャバクラノウハウ

Copyright© キャバ嬢の指名の取り方 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。