キャバクラノウハウ

キャバ嬢の「指名」<「場内」<「フリー」

更新日:


キャバ嬢の「指名」<「場内」<「フリー」

 

これを知ってる人は意外と少ないのかも知れない。
ちゃんとしているキャバクラやクラブでは普通の事なのだが意味はわかるだろうか?
よくキャバクラで太客と呼ばれるお客様がいるものだがそれを頼りにしているお店は大体潰れるか危機に陥るだろう。
理由は簡単だ。
太客も最初はフリーから始まったのだから・・・
フリーを大切にしないお店は絶対に売れなくなる。
キャバ嬢も同じだ!指名席を大切にするが故にフリーに回らなければ絶対に新しい指名は捕まらない。

私は担当のキャストさんには必ずこれを伝えていました。
これを伝えれば今の指名も大切だがフリーが大切かよくわかると思うから。
人数を入れればもっとわかりやすいだろう。
フリーに関しては無制限だ。無限の可能性を秘めたといっても過言ではないだろう。

そもそもこのアイデアは私はネットワークビジネスの仕組みから学びました。

A<B<C

A(定期購入客)
B(たまに買ってくれる購入客)
C(購入していない人・知らない人)

この流れがこのようになる。

A←B←C

これのAが大きくなれば収入は増えるといった仕組みだ。

全く同じ事がキャバ嬢やお店にも言える。
キャバ嬢であれば

A(指名客)
B(場内指名のお客様・連絡先を知っている)
C(フリーのお客様)

流れは同じくこのようになる。

A←B←C

これで少しネットワークビジネスとは違う事がキャバクラではある。
Aから0(ゼロ)になる事がある事だ。
なぜか?それは男と女の世界だから切れる事もよくある。
ではどのような事になるのか?

0(ゼロ)←A←B←C

キャバクラってのはこのような仕組みになる。
いつかは切れる事がある。
そしたらどうしないといけないのか?
ここまでいけばわかるだろう。
C(フリー)が一番大切なのだ。
そのフリーを最終的にA(本指名)にもっていくことがキャバクラでは必要な事。

どこのキャバクラでもあてはまる事なので是非参考してもらえると嬉しいです。









-キャバクラノウハウ

Copyright© キャバ嬢の指名の取り方 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。