キャバクラ

「キャバ嬢に向いてる人などいない」

投稿日:


「キャバ嬢に向いてる人などいない」

キャバクラで働くにあたって「キャバ嬢に向いてる人などいない」と考える人がいますが、、、
私の経験上はそうではないと思います。
結論をいうとキャバクラは

「お酒を飲む飲食店」

そこに

「女性がいる」

これがキャバクラです。
もちろん女性がいないとキャバクラはできません。
では「向いている」と「向いていない」は何故感じるのか?
といった疑問点になります。
これも結論から解説します。

「あなたがそう感じた」=「思い込み」

です。
キャバクラでは女性であれば需要は成り立ちます。
しかし、お店の面接に受からないと働けない事は理解しておきましょう。
なのでまとめると、

「キャバクラは向いてる?向いていない?」

と自分を当てはめて考える事はハッキリ言って無意味です。
働き始めて

「私は向いていなかった」

と感じるのは、「つまらない」・「稼げない」・「お客様と合わない」
などが原因でありますが、、、
「向いていない」とは違います。

よく勘違いされている方が多いです。
厳しい言い方をすると「キャバクラに向いている?向いていない?」を決めるのは

「あなたでなく、お店です」

最初にお伝えしたように女性であればキャバクラには向いています。
しかし、お店が採用したが必要ないと感じたら退店にもっていかれるでしょう~。
そこで向いていないと言われることがありますが、それはそのお店に向いていないという事なので意識を落とさずにいてもらえるといいですね。

是非キャバクラに興味をもった方に参考になれば嬉しいです。









-キャバクラ

Copyright© キャバ嬢の指名の取り方 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。